今年のお花見は、彦根城の夜桜を見に出かけました。たまには夜の静けさの中もいいかなと、サクラの木を眺めながらゆっくり歩いてみました。どの木も花がひしめき、よく見ると、老木にも手まりのような花がたわわに揺れています。

影ながら一年をかけて肥料や害虫から守るなどの手をかけてくださっている方々がおられるから、これだけ見応えがあるんだろうな、と感慨にふけっていました。


ケアマネジャーとして、訪問させていただく日々のなかで、利用者様や家族様からどれだけの力をいただいてきたか、自分の歩んできた道の甘さや、これからの道しるべを学ぶことができています。サクラの気をもらって、また明日から地域の皆様に喜んで頂けるような仕事ができたらと思っています。