女子会の会話から

 
 
 わたしは、年に3回ほど高校の友人6人と女子会を開いています。
 ランチから始まりお茶をしながら夕方まで、近況報告を兼ねてずっとおしゃべりをしています。
 おしゃべりの内容は、年齢とともに変わってきました。 独身の頃は仕事や遊びのこと、結婚した頃はそれぞれの家族のことを「ああだ」「こうだ」と話していたように思います。 子どもが生まれると話題は子育ての不安や教育の話が多くなり、先生をしている友人にいろいろ教えてもらいました。
 それぞれの子どもたちも、高校生以上になり手が掛からなくなりました。
 先月の女子会では自分の健康のこと、両親の介護、自分のお墓の話まで出てきて、「いろいろ先のことを考えないといけない歳になったなぁ」と、みんなで実感しました。
 毎回、とりとめのない話をして終わるのですが、介護の相談を受けたときには、適切なアドバイスができるように、まだまだ、精進しないといけないと思いました。