3月に入り、だんだんと春の陽気が感じられるようになりました。日中の気温差で体調を崩されていませんか?

 さて私ごとですが、先日、長男が小学校を卒業しました。ピカピカの大きなランドセルを背負って、しっかり歩いて学校まで行けるのか心配していたのが、もう6年前…。年月が過ぎるのはあっという間だなと感じました。しかし、卒業式での彼の立ち振る舞いは、しっかり「成長」を感じました。ただただ時が過ぎたのではなく、彼は一歩一歩前進し、ここまで成長してきていたのだと思いました。
 4月からは中学生。大きめの学生服を着て、新たなステージへ。勉強に、部活に、遊びに、これからも彼の成長が楽しみです。

 と、子供の成長を感じていると、ふと自分は成長しているのか…?と思いました。時がただ過ぎてしまってはいないだろうか。忙しい毎日をただ過ごしていないだろうか。

 大人になっても、物事を考え、新たな知識を得ながら一歩一歩前進していかなければ、時間はあっという間に過ぎていく。
 私たちも利用者様によりよいサービスの提案・提供のために、まずは自分自身の「成長」を意識し日々を過ごさなければと、子供の成長から学ぶことができました。