主任介護支援専門員の更新研修に参加しています
 
 平成28年度から、主任介護支援専門員更新研修が導入され、滋賀県ではこの10月から研修が始まりました。

 1日目は介護保険制度及び地域包括ケアシステムの動向についての講義を受けました。
 講師は冒頭から「わたしはきびしいことを言います。主任介護支援専門員が果たすべき役割をわかっていないから、更新研修をすることになったのですよ。」と言われました。
 果たすべき役割とは、自分自身の資質向上をし、他のケアマネジャーを指導できる力を身に付け、地域に必要な資源を見いだし、皆さんが住み慣れた場所で暮らし続けられるような地域つくりを考えていけなければならないということだと考えています。

 日々、追われるように仕事をこなしていくことに精いっぱいで、先を見すえているかと言われれば、できていないのが現状ですが、今回の研修を受けることで少しでも向上できればと思います。